ケナックスはvioには刺激は強い?使用上の注意点について

ケナックスは腕や足以外にも背中やお腹にも使用することが出来ますが、女性の場合だとvioにも使用したいという方は多いのではないでしょうか?確かに、ケナックスでvioを処理出来るならすごく簡単にvioの処理が出来てしまうのですごくありがたいですね!

 

とはいっても、vioって除毛出来る時と出来ない時があります。ケナックスについてはvioでも出来るのでしょうか?ここでは、ケナックスがvioの除毛も使用使用出来るのか確認してみました。

 

【ケナックスはvioも出来る?】
結論から言いますと、ケナックスについてはvioを処理することは出来ません。その理由はvioはデリケート部分になるからです。公式サイトを確認しても、vioをケナックスで処理することはNGですと書いてありますので、絶対にケナックスでvioを除毛しないようにしてくださいね。

 

【ケナックスでvioを処理するとどうなる?】
では、ケナックスを使ってvioを処理するとどうなってしまうのでしょうか?もしもケナックスでvioを処理すると、副作用としては処理した部分がただれたり炎症を起こしてヒリヒリします。

 

特に粘膜の所にケナックスの成分が入り込んでしまうと大変なことになる可能性がありますので危険です。

 

【もしもvioを処理してしまったら?】
もしも間違えてvioをケナックスで処理してしまった時には、すぐに洗い流すようにしてください。ケナックスの使い方については付けた後に5分放置をすることになっていますが、vioのようなデリケート部分をそのまま5分も放置していると皮膚が痛む可能性があります。

 

使用禁止の部分に付けてしまった時には、副作用として炎症反応が起こっても起こらなくても早めに洗い流すようにしてくださいね。

 

【vioの除毛はどうしたらいいの?】
では、vioの除毛についてはどうやって行ったら良いのかというと、やはりデリケートな部分なので脱毛サロンのプロにお願いするのが一番安全です。でも、vioの脱毛って他の部位に比べると痛みが激しいので脱毛をお願いする時には痛みを覚悟して行いましょう。

 

自己流でvioを除毛する時には、あらかじめある程度の長さまでむだ毛を切っておくことが大切です。そしてカミソリではなくヒートカッターを使いましょう。そして、除毛が完了したら必ず雑菌が入り込まないようにワセリンを塗っておいてください。

 

 

【ケナックスでvioを除毛することのまとめ】
ケナックスでvioの除毛が出来るのか確認してみた所、ケナックスではvioの除毛は出来ないことが分かりました。では、どうして出来ないのかというと、ケナックスに含まれているチオグリコール酸カルシウムなどの成分がvioの粘膜に入り込んでしまうと皮膚や粘膜が荒れてしまう可能性があるので使用出来ませんでした。

 

もしも間違ってvioに使用してしまった時には気がついた時点で早めに洗い流してください。

 

Vioについては、除毛をしたい時には脱毛サロンにお願いするのが一番安全なのでおすすめです。自分では危険ですので避けた方がいいです。しかし、どうしても自分で行いたい時には、予めむだ毛をカットしておいてからヒートカッターで除毛するようにしてくださいね。

 

>>ケナクスの詳細はこちら