除毛クリームの仕組みってどうなっているの?

除毛クリームって一体どういう仕組みで除毛が出来るのでしょうか?この仕組みが分かっていると、除毛した後に肌をケアしやすくなるのにと思いませんか?実は、多くの除毛クリームには共通している仕組みがあるのです。

 

ここでは、除毛クリームの豆知識の中でも除毛クリームの仕組みってどうなっているのかご紹介いたします。

 

【除毛クリームの仕組みの鍵となる成分は?】
まずは、除毛クリームの主成分である仕組みの中心的成分、「チオグリコール酸カルシウム」をご紹介いたします。

 

チオグリコール酸カルシウムという成分は、多くの除毛クリームの中に入っている成分です。よく、除毛クリームの公式サイトを確認してみると、除毛クリームを塗った後のむだ毛がチリチリになっている画像を見ますよね。これは、チオグリコール酸カルシウムのおかげなのです。

 

チオグリコール酸カルシウムには、むだ毛を溶かす働きがあるのです。厳密に言うと、むだ毛を溶かすというよりかはたんぱく質を分解する働きがあるのです。これは、髪の毛のパーマをかけてチリチリにさせるのと同じ仕組みだと思っていただいてかまいません。

 

【副作用が出ることも】
除毛の仕組みでたんぱく質を分解するとご紹介してピンときた方もいるかもしれませんが、たんぱく質を分解するので除毛クリームを塗った皮膚も少なからず溶けています。そのため、極度の敏感肌の方や乾燥肌の方ですと、このチオグリコール酸カルシウムの成分が刺激となって肌が炎症してしまうこともあるのです。

 

【除毛クリームを使うメリット】
肌を溶かしてしまうとは恐いと想像する方もいますが、そもそもチオグリコール酸カルシウムは厚生労働省が認めている成分になりますので基本的には安心して使うことが出来ます。

 

また、この除毛クリームを使うメリットとしては、毛穴の中にチオグリコール酸カルシウムが入り込めば入り込む程、毛根からむだ毛を処理することが出来るのでカミソリのように除毛した後に肌がチクチクすることが少ないというメリットがあります。

 

また、毛根から除毛するので次の除毛までの感覚が長くなり、お手入れも楽になるという嬉しいメリットもあります。

 

除毛クリームには、このチオグリコール酸カルシウムの配分量が多かったり少なかったりします。自分が除毛クリームを選ぶ時には、肌質と相談しながら選びたいですね。

 

【除毛クリームの仕組みについてのまとめ】
ここでは、除毛クリームの仕組みについてご紹介いたしました。除毛クリームの仕組みについては、チオグリコール酸カルシウムという除毛成分がキーになっていることが分かりました。

 

このチオグリコール酸カルシウムという成分は、たんぱく質を分解する働きがあるのでむだ毛も溶かしてしまえることが分かりました。しかし、むだ毛を溶かす一方で皮膚も少なからず溶かしています。そのため、肌が弱い方だとチオグリコール酸カルシウムが肌に合わずに炎症する時もあります。

 

このチオグリコール酸カルシウムは多く配合されている時と少なく配合されている時がありますので、注意しながら選びたいものですね。